カラダ投資サロン

大分メンズ脱毛*アロマボディケア*ピラティス*コンディショニングトレーニングのサロンS motionのブログです。

からだの中の水について

f:id:te2nari:20191103180247j:plain

人間のからだの組織を調べると、そのうちの大部分を水が占めています。一般的には星人のからだの60%程度が水で出来ていると言われています、ここでは、水がからだの中のどの部位に、どのように含まれているのか、また、どれくらいの水分を摂取することが必要なのかを見てみましょう。

 

からだの水分の多くは筋肉に存在している

成人において、からだの組織成分の約 60%が水であることは先にも述べましたが、その多くは筋肉に含まれています。

一般的に成人のからだ全体の約半分が筋肉から出来ており、また全体の筋肉量のうち約70%が水分です。例えば体重60kgの人の水分量は約36kgです。また、体重の約半分が筋肉だとすると、筋肉量は約30kgで、そのうち筋肉を組織している水分の量は約20kg程度となります。この計算から、からだ全体の水分量の実に半分以上が筋肉に含まれていることがわかります。

ダスキンの天然水宅配「スプラッシュ」及び浄水器の無料レンタル無料お試し

からだの中で水分の割合が高いのは?

それでは、水分の「組織率」が最も高いところはどこなのでしょう。

実に、その組織のうち約75%が水分でできているのが『脳』の組織です。脳には多くの隙間があり、その空間をリンパ液や脳脊髄液などで満たしています。

からだの中で水分の割合が高いのは脳ですが、最も大量の水分が集中するのはどこでしょう?それは腎臓です。からだ中の様々な箇所からいらなくなった老廃物を運んできた水を濾して、必要な成分をからだの中に戻す役割を担っています。この腎臓で1日にろ過処理される水の量は、成人の場合で約190ℓにもなります。

腎臓にはもう一つ体内の水に関する重要な役割があります。それは体内の水分量を整える役割です。例えば、体内の水分量が不足しているときには、排泄するためにためておいた尿から水分だけからだに戻して水分を補給するという機能を担っています。

f:id:te2nari:20191125232353j:image

以外にも多くの水分が分泌されているのが鼻水です。その量は健康な人でも1日に約1ℓにもなります。鼻水は呼吸にともなって入ってくる空気中の塵を体内に取り込まないようにしたり、体内に酸素を取り込みやすくするために、吸い込んだ空気を湿らせたりします。

排出される水の量

成人一人あたり1日でからだの外に排出する水の量は、2.0〜2.5ℓと言われています。

内訳にしてみると、尿や便などの排泄物として排出される量が最も多く約1.6ℓ、その次が汗として0.6ℓです。また呼吸でも0.3ℓの水分が水蒸気として失われています。

からだに必要な水の量

同じように、成人が1日に必要とする水分の量は、約2.5ℓです。通常の生活をしていれば、食事から約1ℓは水を取ることができます。残りの1.5ℓはつとめて水やお茶などで水分をとる必要があります。体内の水分量が少なくなると、肌が乾燥したり、体温調整ができなくなったりするだけでなく、代謝が滞ったりするので、それに関わる疾病が発生してきます。

 

まとめ

・からだの水分は半分以上筋肉に含まれている

・水分は常に排泄されている

・意識的な水分補給は欠かせない